冬夜読書 菅茶山

雪擁山堂樹影深
憺鈴不動夜沈沈
閑収乱帙思疑義
一穂青灯万古心

雪は山堂を擁して 樹影深し
檐鈴動かず 夜沈沈
閑かに乱帙を収めて疑義を思えば
一穂の青灯 万古の心

2006年【black holes and revelations】

 

杜甫 『月夜』

 

白文(原文)

左から右に読んでください

今 夜 鄜 州 月
閨 中 只 独 看
遥 憐 小 児 女
未 解 憶 長 安
香 霧 雲 鬟 湿
清 輝 玉 臂 寒
何 時 倚 虚 幌
双 照 涙 痕 乾

書き下し文

今夜、鄜州(ふしゅう)の月

閨中(けいちゅう)只だ独り看(み)るらん

遙かに憐れむ小児女(しょうじょ)の

未だ長安を憶ふを解せざるを

香霧に雲髪(うんかん)湿(うるお)ひ

清輝に玉臂(ぎょくひ)寒からん

何れの時か虚幌(きょこう)に倚(よ)りて

双(なら)び照らされて涙痕(るいこん)乾かん

 

2005年【out of exile 】audio slave

 

静夜思 李白


牀前看月光
疑是地上霜
擧頭望山月
低頭思故郷

静夜思 李白
牀前月光を看る
疑うらくは是地上の霜かと
頭を挙げて山月を望み
頭を低(た)れて故郷を思う

 

頭が朦朧とする中、李白を想う

2007年【silversun pikups】

Carnavas

Carnavas

  • Silversun Pickups
  • ロック
  • ¥1600

 

2002年『Aoudio slave』audio slave

2002年発表、同バンドのデビューアルバム。

骨太なボーカルがロックっぽい。という当たり障りのないことしか書けぬがジャケット含めカッコいい!