読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋下荊門 李白


霜落荊門江樹空
布帆無恙挂秋風
此行不為鱸魚鱠
自愛名山入剡中

秋 荊門を下る 李白
霜は荊門に落ちて江樹(こうじゅ)空し
布帆(ふはん)恙無(つつがな)く秋風(しゅうふう)に掛く
此行(このこう)鱸魚(ろぎょ)の鱠(かい なます)の為ならず
自ら名山を愛して剡中(せんちゅう)に入る