静夜思 李白


牀前看月光
疑是地上霜
擧頭望山月
低頭思故郷

静夜思 李白
牀前月光を看る
疑うらくは是地上の霜かと
頭を挙げて山月を望み
頭を低(た)れて故郷を思う

 

頭が朦朧とする中、李白を想う